未分類 0 Comments

二次会景品には高額商品も必要ですが低額商品も大切です。多くの人は低額商品が当たるわけです。そこでたった100円の参加賞でも、もらった人のことを考えたいもの。そこで百均を上手に利用するのもおすすめです。たった100円なのに、「こんな便利なものあったっけ?」と思えるような便利商品を選んでみませんか。例えば果物絞り袋もおすすめです。シリコンでできたハガキサイズの袋ですが、ここにバナナやイチゴ、キウイなど軟らかいフルーツを入れて、サッと揉めばフルーツジュースに。例えばバナナ半分~1本分とミルク100㏄、砂糖少々、軽く揉むだけでバナナミルクができてしまいます。軽くて小さくて便利でおすすめ。

次に便利さより楽しさを重視するなら、ガチャガチャおもちゃもおすすめ。カプセルとおもちゃを購入してカプセルに入れるだけ。カプセルに入るおもちゃは、みんなが見るだけでの笑えるような楽しいものを選びましょう。100~200円でOKです。またスイーツのような入浴剤は綺麗で、ゆっくりお風呂が楽しめそうなものがおすすめ。他にも最大12枚カードの入るアルミケースなども200円程度で購入できます。なんとなくあったら嬉しいものではないでしょうか。このように低額景品も、便利、あったら嬉しい、面白いをキーワードに考えてみてはいかがでしょう。

未分類 0 Comments

二次会の幹事さんは二次会景品選びも考えなければなりません。ここで幹事さんのセンスが見えてきそうです。そんな景品選びにはちょっと注意しなければならないことも。まず1位~3位商品は価格の高いものを選ぶことになりますが、とにかく生のものは避けましょう。景品をもらった人はその二次会の帰り、そのまま帰るとは限りません。また電車で帰る人も多く、生ものは腐ることもあります。

そして重い景品も避けたいところ。例えば最近は石でできたバスマットなども人気があります。もちろん女性なら食器類なども選びたいところではないでしょうか。しかし実際にもらった人が持って帰るときに重いものは迷惑になることも。そのためペアマグカップ程度が限界と考えましょう。もらった人が気持ちよくもらえるようなものを選ぶのも、幹事さんのセンスかも知れません。

そして二次会景品は、もらって嬉しいと感じるものであることは基本ですが、プラス笑いにつながるような商品がおすすめ。特に高額商品ではなく1,000円程度の商品なら、みんなが笑える様な楽しい商品を選んでみませんか。例えば1万円札柄のバスタオルや、今の大人が懐かしいような、子供のころから馴染みの深いお菓子のビッグ版なども笑いが出そうです。このようにちょっぴり笑えるものを選ぶのも、幹事さんのセンスが光るところではないでしょうか。

未分類 0 Comments

パーティーや結婚式、何かの集まりなどの幹事さんになって、二次会の景品に悩んだという人も多いはず。これから幹事さんをやる人にも参考になる商品のご紹介です。二次会景品の定番というと多くの場合、1位~3位までがちょっと価格の高いものとなっている場合が多く、1位1~3万円、2位が1~5,000円、3位が5,000円~3,000円というパターンが多いのではないでしょうか。

人気のある1位商品は東京ディズニーランドやディズニーシーのペアパスポートです。また近隣の温泉宿の一泊宿泊ペア券など、大体3万円程度の1位の景品はこれらが人気です。2位、3位になると例えば和牛500g~1kgなども人気ですが、保存の問題があるので有名すき焼き店のペア食事券などの方が生肉より人気があります。また他にも東京湾クルーズ食事付きペア券や、人気スイート店の商品券なども人気です。3位の景品になると5,000円~3,000円が多く、スイーツが人気。とはいってもやはり保存のこともあるので、生のケーキなどよりクッキーやゼリー、フルーツケーキ、チョコレートなど日持ちのするものがおすすめです。

~関連HP~二次会景品の定番商品を取扱っている<MY ROOM>はこちら

また忘れてはいけないのが参加賞。参加賞の人の方が圧倒的に多いので、その人たちも楽しい気持ちになって欲しいもの。そのため最近はガチャガチャのカプセルとその中身を購入し、カプセルに詰めたおもちゃを取ってもらうというのも人気です。ガチャガチャのマシンをリースする人もいますが、特にこの場合はガチャガチャ独自のわくわく感はあまり必要ないので、カプセルと中身だけでもいいのではないでしょうか。